2014年7月アーカイブ

このように適切な時期に適切なアドバイスが受けられれば問題はありませんが、それまでの間、煮詰まってしまい子供にあたってしまったり、ふさぎこんだりを防ぐには、育児書がすべてではないという前提を意識づけておくことが重要です。また子供はずっと小さいころから多くの物事がわかっているといわれています。不必要な不安や心配は子供に無意識のうちに伝わってしまいます。あるいはまだ小さいかわからないといった扱いもよくありません。たとえ言葉を話すことができなかったとしても、周囲の言動は理解しています。これらを意識して子育てを行うことが子供の成長や情緒発達をすすめていくのです。したがって育児に神経質になりすぎることは子供にとってあまりよくありません。それそれの子供の個性を尊重して一緒に成長していくことが育児なのです。育児をしていくにあたって、絶対や正解ということはありません。こうならなければならない、という考えを捨てることが一番大切なのかもしれません。

表参道のカット技術の高い美容室

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31