日本人は元々毛の色が目立つ

| トラックバック(0)
日本人などのアジア人の毛質は『メラニン色素』が多く、髪の毛や眉毛などすべての毛は、黒からこげ茶っぽい色味をしていて艶がありとてもきれいですよね。
最近は明るいブラウンのカラーから地毛に近い黒髪に回帰しているブームも見受けられますね。
しかし、黒い髪ってとてもきれいではあるのですが、髪や眉、まつ毛意外のムダ毛自体も、しっかり黒い色素をもっているため、白人などの外人の方と比べると、日本人の毛の色と肌の色のコントラストがくっきりしていて、ムダ毛をしっかりお手入れしないと、非常に目立つように感じます。
例えば白人で髪の毛が金髪の場合、ムダ毛もすべて金髪なので、ムダ毛を処理していなかったとしてもあまりわからないので、正直うらやましい限りです。
日本人で地毛が黒く、肌が特に白い方は更に目立って大変ですが、毛を目立たなくする方法として、日焼けをして毛と肌の色味を近づけるなんて方法もあります。けれども日焼けはシミや老化を促進してしまいますので、現実的ではないですね。
ですのでムダ毛専用の脱色をして毛を肌の色に近づけるなんて言う方法もありますので、あまりシェービングなどをしたくない方にはおすすめの方法です




トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、hat002が2014年4月 2日 13:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「抜け毛が気になる方にも白髪染めヘアトリートメント」です。

次のブログ記事は「資格を取るというのも大変」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31